僕の小説一覧

『たいまつバンク』 https://estar.jp/_novel_view?w=24614597

いらなくなった命を預かり、生きたいという願いも虚しく死んでしまった人間に吹き込む「独立行政法人生命リサイクルセンター」。通称「たいまつバンク」。センターの開設以来、世の中を二分するほどの激しい賛否両論が渦巻く中、ここに勤務する神崎真臼は正義感に燃えていた。そんなある日、ひとりの女性の登場によって、真臼をめぐる状況は大きく動き始める――。

 

『スマバレイの錆びれた時計塔』 https://estar.jp/_novel_view?w=25038795

蒼い海を望み、緑豊かな山に囲まれた高台にある小さな町「スマバレイ」。別名「ベル・タウン」とも呼ばれ、色鮮やかな時計塔の鐘の音が町中に降り注いだ。しかし、時代は進み、老朽化した時計塔の撤去を求める声が大勢を占めるようになっていた。その英断を下したのが、主人公ケイトの父親コリンズだった。誰もが先送りにしていた議題に手をつけた父をケイトは誇らしく思っていたが、ある日、クラスメイトのジェニファーに見下すように笑われた。放課後、大親友ロジーとの約束を断ったケイトは、ジェニファーを追いかけて……。

 

『ベジソルジャー』 https://estar.jp/_novel_view?w=24821069

クリスマスの1週間前の土曜日。西の国「ロマンチア」の首都・バロンシティの商業施設でテロが起きた。首謀国として断定された南の国「ナルック」は、ロマンチアから攻撃を受け、戦争が始まった。一方、東の海に浮かぶ島国「ジャン」では平和な時が流れ、西部にあるエノル村では、アカやアオ、シロ、ミドたち若者が農業に勤しんでいた。しかし、村のエリート・キイの久しぶりの帰村を機に、幼馴染5人の運命が一気に動き出す。

 

『殺しは記憶と引き換えに』 https://estar.jp/_novel_view?w=24960691

女の名前は、東郷唯加。どこの町にでもいる優しい小児科医だ。ただ、もうひとつの顔があった。それは「私刑執行人」。一風変わっているのは、その報酬。唯加は、依頼人の「大切な記憶」と引き換えにターゲットを暗殺する。果たして唯加の目的は……

 

『せめて1時間だけでも笑ってくれるなら』 https://estar.jp/_novel_view?w=24972699

テレビの現場で30年のキャリアを誇る古賀聡。バラエティの世界で一時代を築いたプロデューサーだが、早々に新番組の打ち切りが決まり、ついには「引退」を勧告される。週末、古賀が向かったのは、ひとりの天才芸人が眠る墓だった。テレビプロデューサーとして頑固に生き抜いた平成の時代が幕を閉じようとしている今、古賀は何を思うのか。

 

<ショートショート作品集「ショートケーキ’s」>

1.『歌』 https://estar.jp/_novel_view?w=25021030

幼い頃によく聴いた歌は、どうして、いつまでも離れてくれないのだろう。

 

2.『お風呂を知らない子供たち』 https://estar.jp/_novel_view?w=25022627

なぁ、リョウタ、君はお風呂というものを知ってるかい?

 

3.『桜の家』 https://estar.jp/_novel_view?w=25024899

あるときから、大きな桜の木の下に「桜の家」と呼ばれるものが現れて……

 

4.『行列のできる睡眠術師の憂鬱』 https://estar.jp/_novel_view?w=25051867

数分で深い眠りに誘う睡眠術師の道山。しかし、不慮のアクシデントに見舞われて……

 

5.『FM FNC』 https://estar.jp/_novel_view?w=25069286

5月17日 PM8:45。9回裏、2アウト満塁、3点差。一発出れば逆転サヨナラ

 

<ブログ「かっぱ太郎の神戸元町さんぽ」>

https://gongawara.tumblr.com/

◆「かっぱ太郎」LINEスタンプ販売中

https://line.me/S/sticker/3500376

買って使ってくれたら、五感ふるえる。

 

ご感想はコチラまで↓

権藤(ゴン)のレターポット

(2018.05.21更新)