学校なんて毎日行く必要なんてない

8月31日。Twitterには「死なないで」といったツイートが溢れかえった。

夏休みが終わり、新学期を迎える9月1日は、小中高生の自殺が突出して増える日だそうだ。

日々、さまざまなニュースが駆け巡り、憤ったり悲しくなったりするが、「子どもたちの自殺」を見聞きすると、虚しくなり胸が締め付けられる。

これからの人生、楽しいこともいっぱいあるはずなのに、まだ10年くらいしか生きていない子どもたちが自らの手で自らを殺す。

「どんなに辛いことがあっても死なないでほしい」と外野は常識通りに思うけれど、「死ぬ」という選択をする子どもたちにとっては、深刻で、耐えられない状況が続いた結果な のだろう。本当にやりきれない。

僕は、学校なんて毎日行く必要なんてない、と思っている。

そりゃ、学校が好きで好きでたまらない子は、毎日行けばいい。

でも、何かしらの理由――例えば、いじめとか不当に虐げられていることがあって行きたくないのであれば、学校なんて行かなくていい。

「それでも、学校には行くべきだ」との意見を支えるのは「我慢することや、耐えることを学ぶのも人生において大切」という、社会に蔓延する暑苦しい偽善思想だ。

アホか。

「いじめ」という犯罪行為を受けているのにも関わらず、それに我慢することや耐えることの正当性なんて全くない。

100%悪いのは、いじめている側、「いじめ」という犯罪に手を染めている方だ。被害者を諭す時間があるのなら、大人たちは、労力がかかっても、加害者を何とかしないといけない。

「不当なことにでも、とにかく我慢すること・耐えることは美徳」なんて考えがあるから、学校でも職場でも、いじめやハラスメントが無くならない。

僕にも娘がいるが、もし「いじめ」にでも遭ったとしたら、即刻、学校に行くことをやめさせる。事態が解消されたことが確認され、それが保障されるまでは。

そのためにも、いくつかの習い事を続けさせておいて、学校とは別のコミュニティーも今のうちから作らせておく。

“学校一点張り”は子どもたちにとってリスクがデカすぎる。

9月1日から10日くらい経った。

無理して何とか学校に行き続けている中、生きようとする意志の「糸」が切れそうになるのを察知したら、学校に行くのをやめよう。

学校だけが人生じゃない。

今は、思いやりもユーモアのセンスもない“犯罪者”に目をつけられ、いじめられ、言葉では言い表せられないほど辛いはず。でも、死んじゃダメ。

これからの人生、楽しいこともいっぱいあるから。