『エブリスタ』の「完結作品特集」に選ばれた

昨年末、小説投稿サイト『エブリスタ』の「完結作品特集」に、僕の小説『たいまつバンク』が選ばれた。

エブリスタ内でつながっているユーザーさんから「選ばれてますよ!」って教えてもらったのが第一報。

こんなこと、初めてだったから驚いたし、とてもうれしかった。

行動して、発信したら、何か良いことがある。

そんなことを強く認識した体験だった。

ちょうど、その少し前。小説を書いていることをオープンにし始めた。

このブログやtwitterでは投稿していたけど、最もリアルに近いFacebookでは触れていなかったし、小説を書いていること自体、最初のうちは限られた人にしか言ってなかった。

それが変わったのは、ある秋の夜。

これについては、こちらをご覧ください。

西野亮廣さん講演会@神戸国際会館に行ってきたぞ

Facebookで発信して、小説のことを知ってもらうと、思いのほか、たくさんの人が読んでくれた。

そして、感想もくれた。職場の人に紹介してくれた人もいた。長い間、会っていないのに、年賀状に「小説読んだよ。おもしろかった」と書いて送ってくれた人もいた。

批判されたらイヤや……とか思っていたけど、作品はこうやって少しずつでも広めていくことが大切なんだ。

行動して、発信したら、何か良いことがある。

ネットが発達した現代、どんどん動いていかないとね。

きっかけをくれたキングコング西野さん、それから先輩、改めて、ありがとう。

ブログの更新、だいぶサボって年が明けちゃいましたが、またちょこちょこ書いていきます。

■小説「たいまつバンク」⇒ http://estar.jp/_work_viewer?p=1&page=1&w=24614597&ws=0

■小説「ベジソルジャー」⇒ https://estar.jp/_work_viewer?p=1&page=1&w=24821069&ws=0