神社巡り(江島神社編)

鎌倉での仕事の予定が入ったため、念願の江島神社に初参拝。

「近々行ってみたいなぁ」と思っていた矢先のことで、不思議なことも起こるもんです。

前日は、サザンの桑田さんの地元、茅ヶ崎に宿泊。茅ヶ崎は、サザン30周年ライブのときに訪れて以来、実に11年ぶりでテンション上がりまくり。

早起きして、小雨降る中、サザンビーチちがさきまで散歩しました。空は分厚い雲に覆われていて、残念ながら日の出は見れず。強く打ち寄せる波って、雷みたいな音がするんだね。

茅ヶ崎駅から藤沢駅を経由して片瀬江ノ島駅へ。磯の匂いを嗅ぎつつ、江ノ島弁天橋を渡ります。

なだらかな坂道の参道を通り、江島神社に到着。龍宮城を思わせる佇まいに一目惚れ。カッコいい。

江ノ島全体に宮が設置されていて、1時間半ほどかけて巡りました(よう歩いた)。朝早くに行ったのと雨が降っていたのとで、ほぼ貸し切り状態。贅沢な時間を過ごせました。

中津宮から奥津宮に向かう途中に「山二つ」という絶景ポイントも。

あいにくの天気でしたが、岩に打ち付ける波を目にして自然の力強さを感じました。

奥津宮を参拝した後は、岩屋へ。この頃になると参拝客が少しずつ増えてきて、修学旅行か遠足で来ている子どもたちの姿も見られました。江ノ島と子どもたちって、なんだかとてもよく似合います。

岩屋橋から望む景色。まるで東映のオープニング映像のように海荒れまくりでした。

岩屋の洞窟には500円の入館料を払うと中に入れます。

蝋燭片手に低い洞窟内を頭を下げて進んでいきます。一緒になった子どもたち、キャッキャッ言うてた。その中でおじさんひとり無表情。

第二岩屋にある江島神社発祥の地。怖くはないけど厳かで、大切に祭られている神秘さが充満していました。

江ノ島に上陸したこと自体初めてでしたが、早くも再訪したいくらい居心地が良く、気持ち良かったです。

江島神社で引いたおみくじには「古きをたずねて新しきを知る」という御言葉。創作するにあたり日本の神話について勉強してみようかと思っています。

次は、どこの神社に行くのかな!?

江ノ島の岩壁

◆僕の小説一覧(読んでね!)

◆僕のポートフォリオ(読んでね!)

◆僕のtwitter(フォローしてね!)

◆僕のインスタ(フォローしてね!)

◆「かっぱ太郎」LINEスタンプ販売中(買ってね!)

↓感想などは以下のフォームからお気軽にどうぞ!