新世界(著者:西野亮廣さん)を読んで

「キミに必要なモノは『勇気』なんかじゃない。『情報』だ」

常に挑戦を続け、常に注目を浴び続け、本を出版すれば全作ベストセラー。同世代を中心に圧倒的な支持を集め、自身が運営するオンラインサロンは国内最大。時代を牽引する革命家・西野亮廣が語る「一歩踏み出す為に必要な情報」とは?そして、西野亮廣が見た『新世界』とは?今、世の中で何が起きていて、二年後に何が起きるのか?西野亮廣がキミに語りかける、“学校では教えてくれない”これからの時代の生き方。

「大丈夫。まだ間に合う」

お金と信用のこと、クラウドファンディングのこと、オンラインサロンのこと。単なる解説文ではなく、そのすべてにドラマがあって、こちらに語りかけてくる文章を読んでるうちに目の奥がジンジンしてきた。

時代は間違いなく変わり始めていて、これまでの常識がどんどん通用しなくなるのは必然。「自分が理解できないことを否定しない」っていうのが、とても大切なことなんだと改めて痛感した。老害なんかになりたくない(笑)

僕には幼い娘が2人いるけど、彼女たちに好きなように生きてもらうため、そして、そんな彼女たちの生き方を守ってあげられるように、僕自身がしなやかな頭と心を持ち続ける必要がある。やりたいことには何歳であっても挑戦させてあげたいし、やりたくないことからは逃がしてあげたい。

それは甘やかすのとは違う。つらい環境で、やりたくもない嫌なことを「我慢は美徳」というわけのわからん大義名分の下で強制されるのは、地獄でしかないから。

子どもたちは、自分が望むことにはすごい力を発揮する。やりたいことを正しく頑張るのがいい。そのためには情報がいるから、ほんの少しでもヒントを伝えられる親でいたいと思う。

第3章「新世界」の中にある「人間賛歌」にはやられた。小説やシナリオを書くとき、やっぱりフィクションくらいは人間の良い部分にスポットを当てたいと思えた。青臭くても、そういったものを書いていきたい。これでいいのだ。

現状に対して言葉にできないモヤモヤを抱えている人みんなに読んでもらいたい一冊です。

新世界 著者:西野亮廣さん

◆僕の小説一覧(読んでね!)

◆僕のポートフォリオ(読んでね!)

◆僕のtwitter(フォローしてね!)

◆僕のインスタ(フォローしてね!)

◆「かっぱ太郎」LINEスタンプ販売中(買ってね!)

↓感想などは以下のフォームからお気軽にどうぞ!