ええいああ、君から「もらい泣き」(嘘)

昨日、長女の卒園式でした。少し前、週間予報では雨だったけど、天気にも恵まれました。

卒園証書をもらって、みんなで歌を歌って。

あんなに小さかった子どもたちが3年間で立派に成長して、入場時から涙があふれ出てきました。

そうです、もらい泣きというのは嘘です。たぶん娘より先に泣いていました。

先生たちも式の序盤から涙を流されていて、先生たちと子どもたちが交互に歌う『おもいでのアルバム』はたまりませんでした。お互いの気持ちがシンクロしているのが、見えないけれど確かに伝わってきて。

来賓代表として祝辞を述べてくれた英語の先生。

“Hello!”
“How are you?”
“Nice to meet you too!”

カリキュラムの最初に交わす英語での挨拶で始まった祝辞。参観で目にした子どもたちの楽しそうな笑顔を思い出しました。

バスの運転手さん。

どこにも座らず、一番後ろに静かに立って式を温かく見守ってくれていました。

担任の先生。

先生になって1年目とは思えないほどしっかりとされていて、娘たちが大好きな先生でした。

「いつまでもわすれないでね」

子どもたちへの最後の言葉。

大人になったら忘れてしまうかもしれない幼稚園の記憶。大人になった僕は、先生の名前さえ忘れてしまった。

じゃあ無意味なのか。

違う。

だからこそ尊いんだ。

娘は、年少のときは幼稚園に行くのがイヤでずっと泣いていました。「ママやパパと離れるのが寂しい」。そう言って。

でも、年中になり年長になり幼稚園が大好きになって、今日は友だちや先生と離れたくなくて号泣していました。

将来の夢は、自分が通った幼稚園の先生になること。

もしかしたら夢はこれから変わるかもしれない。でも、現時点でそう思わせてくれた、そんな素敵な幼稚園に通うことができて娘は幸せ者です。

節目に泣けるのは、それまでの日々が楽しかったことの証。たくさんの素晴らしい人たちに出会えた証。だから、とても良いこと。

娘へ。これからどんどんなきながらすすんで、せかいをひろげよう。

*

僕が高校を卒業するとき、サザンや谷村新司が大好きな数学の先生が「浜崎あゆみや宇多田ヒカルで君たちを思い出す」とメッセージを書いてくれました。

僕は、SEKAI NO OWARIの『RAIN』で君たちを思い出す。

うんどうかいのパラバルーン、とてもきれいだったよ。なかよくしてくれて、ありがとう。げんきでたのしく、やさしいままでおおきくなってね。

そつえん、おめでとう。

◆僕の小説一覧(読んでね!)

◆僕のポートフォリオ(読んでね!)

◆僕のtwitter(フォローしてね!)

◆僕のインスタ(フォローしてね!)

◆「かっぱ太郎」LINEスタンプ販売中(買ってね!)

↓感想などは以下のフォームからお気軽にどうぞ!