娘「YouTubeにデビューする」の巻

「YouTubeって、どうやったら出れるの?」

現在6歳の長女の一言で始まりました。

僕らがテレビを見ていたように、タブレットやスマホでYouTubeを見る娘たち。

サッカーを観戦しているうちにプレーしてみたくなるように、読書をしているうちに小説を書いてみたくなるように、見る側にいるのではなくてYouTubeに“出演”することを望むようになってきた。

つくづく、いい時代になったと思う。

テレビを見ていて「テレビに出たい」と思ったって、そう簡単にはいかない。

けれど、YouTubeならパソコンやスマホから動画をアップロードするだけで、とりあえず“出演”することはできる。

ただ、リスクやデメリットは当然考えた。「大人になったら、やってみてもいいかもね」とやんわりとかわしたこともある。

でも、もう一歩踏み込んで考えた。

僕は、やりたいことは何でも挑戦してみたらいいし、むしろすべきだと日頃から思っている。となると、その考え方に矛盾するのではないか。

子どもだから、すべて大人と同じというわけにはもちろんいかない。自由には責任が付きまとう。その責任を負うことができてはじめて、自由を謳歌できるのは間違いない。

そのうえで、親として応援することにした。

やらない理由やできない理由を挙げ出したら何も始まらないから。

「やってみたい」という前向きな素直な気持ちを、まずは尊重してあげたかったから。

ダンスが大好きな姉妹だから、二人とも話し合ってダンス動画をアップしていくことに決めた。

テレビにも出たい!
まーちゃんおーちゃんと共演したい!!
HIKAKINさんと一緒に踊りたい!!!

夢いっぱいで、広がるばかり。

初めて自分たちが映るYouTubeの画面を見て、6歳の長女と4歳の次女は本当に嬉しそうだった。もうそれだけでもやらせてみてよかったと心から思えるし、僕は大満足。

次はどの曲で踊ろうかと夢中になっている。何かに夢中になれることは、本当に素敵なことだ。

これからダンス動画をぼちぼちアップしていきますので、娘たちを応援してもらえると嬉しいです。

グッドボタン、チャンネル登録をお願いします(ゆいみさ)。ついでにシェアも……(父・まさき)。

なぜかチャンネル名がチャンカワイみたいになってもてるから追い追い変更します(笑)

Special thanks:LOO+

◆僕の小説一覧(読んでね!)

◆僕のポートフォリオ(読んでね!)

◆僕のtwitter(フォローしてね!)

◆僕のインスタ(フォローしてね!)

◆「かっぱ太郎」LINEスタンプ販売中(買ってね!)

↓感想などは以下のフォームからお気軽にどうぞ!